肌にできてしまったしみの治療方法として、多くの人に利用されているのがフォトフェイシャルです。フォトフェイシャルは、近年ますます気軽に利用できるようになってきて、雑誌やテレビでも紹介されています。資格を持つ医師がいる施設でなければフォトフェイシャルは使えないため、医療施設でしてもらうという形になります。医療機関ではないエステサロンでは、フォトフェイシャルの施術をすることは、出来ないようになっています。肌細胞の生成を活発にし、保湿成分の増加を促す光を皮膚に照射することで、フォトフェイシャルは美肌をつくります。美容施術といっても皮膚を切ったり縫い合わせたりする必要がないので、肌をそれほど痛めないという利点があります。細かく長い波長の光をあてることによって、皮膚表面ではなく奥深くまでに届いて、肌の細胞に作用するようになっています。肌の保湿に深く関わっているコラーゲンや、ヒアルロン酸は、皮膚の深い部分でつくられています。肌の保湿成分を増やすには、フォトフェイシャルの光をあてて、深部に熱を集める方法が有効です。フォトフェイシャルで刺激された細胞が、しみの解消に有効的なコラーゲンやヒアルロン酸を生成するようになります。フォトフェイシャルのメリットは、肌がもともと持ち合わせている能力活かして、しみを取り除けることです。このごろは低価格化が進み、気軽に利用できるようなお値段で受けられるフォトフェイシャルもありますので、お勧めの美容施術です。